2008年04月03日

鳳凰軒のお誕生日会



朗読劇「女の一生」の稽古の帰りに、浅草橋の鳳凰軒という中華の店にみんなでご飯を食べによった折、食事も終わり、さて帰りましょうか、と帰り支度をしている中、奥で何やらご家族で食事をしている中の初老の紳士(写真奥の中央の方・Yさん!?)が、「あの方は淡島千景さんですね、一緒に写真を撮りたいのですがお願いできませんですか」と・・・・・
聞けば、今日はこの紳士のお誕生日会だとか・・・・・
それを聞いた淡島さんはすぐに ♪ハッピバースデー〜〜〜〜♪と歌いだしました。
宝塚の嘗てのトップスターの歌に続いて店内は大合唱!
そして無事に、記念撮影ができました。

さて私たちはそれぞれに散会し、私とプロデューサーのN氏が帰り始めたところに、お店の方が駆け寄ってきて、「先ほどのお客様が朗読劇のチケットを買いたいと言ってます・・・・・」
何と、10枚お買い上げいただきました。

Yさんよっぽどうれしかったんですね!
ありがとうございます。
そして、お誕生日おめでとうございます。
忘れられない、記念すべき誕生日でしたね。
続きは劇場でお待ちしていますよ!
posted by 酔いどれ猫 at 02:38| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
ありがたい!嬉しい!良い出会いでした。素敵な公演しないとね。
Posted by ひでみ at 2008年04月06日 23:58
早速誕生会の写真をファイリングさせていただきました。
これも淡島効果のなせる業。
すごいねえ。私なども淡島さんの映画でどれだけ歓びを味あわせていただいたことか。
人との出会いがこんな風に行けばこの世はたのし。
渡る世間にキップのよさ。
次の稽古日にもどこかへ食べに行きましょうか。
Posted by 真船 道郎 at 2008年04月07日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13506124

この記事へのトラックバック